話題のCMソングのタイトルや歌手名、CD、試聴、動画などをご紹介!!車、食品、飲み物などCM商品のカテゴリごとにいろいろ探せます♪

    TOP > 2011年04月  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ヘイーヤレロトティーヤ ヘイーヤレロトティーヤ (シオノギ製薬 動脈硬化警告CM )



一度見たら忘れられない、恐怖感溢れる「シオノギ製薬」の動脈硬化への警告CMだ。
仕事中の人も、家事をしている主婦も、宿題や、ゲームをやっている子どもすら、このBGMを耳にすると、思わず手をとめ、画面に釘づけになる。
このCMのあまりの強烈さには、「怖すぎる」「不気味すぎる」という声が続出し、「呪いの歌」などという人もいるほどだが、これ、いったい何と歌っているのか。また、なぜこんなにも恐ろしいCMを作ったのだろうか。
塩野義製薬・広報担当者に聞いた。

「CMで流れている歌は、『スキャット』と呼ばれる方法で歌われており、言語ではないため、歌詞はございません」
「スキャット」というと、声を楽器として表現するもので、ルイ・アームストロングやスキャットマンを思い出すが、それらとはあまりに異なる怖すぎるイメージ! 

外国の民謡のようにも思えるが、曲名はあるのだろうか。そもそも既存の曲なのか、オリジナル曲なのか。
「このCM用にオリジナルで制作したもので、発売されている音楽ではございません。また、作曲は福岡ユタカさん、女性ボーカルは武田カオリさんを起用しております」
作曲もボーカルも日本人だったのですね……。

それにしても、なぜこんな恐ろしいCMを作ったのか。コンセプトやきっかけを聞くと、こんな回答をくれた。
「動脈硬化は自覚症状のないまま進行するために、不幸にして治療を受けられずに亡くなるケースが多発しています。日本では、4人に1人が心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患で亡くなるといわれています。…




スポンサーサイト

 | ホーム | 

CMカテゴリ

Download

 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)

プロフィール


最近、韓流ドラマばっかり見てます・・

最近の記事

検索フォーム

CM曲・RSSフィード

CM曲・リンク

other

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。